生命のサンゴ礁 長島敏春 

カスミアジなどの大型回遊魚がタカサゴを追い、赤く輝くハナゴイやハナダイたちはサンゴに舞う。   生命の海 2011Komodo(コモド)石垣島の米原。鮮やかなオレンジ色に輝くハナダイが舞うサンゴ礁。 2112 Isigakizimaスカシテンジクダイを狙うユタカハタ。サンゴ礁で展開される食物連鎖の世界。 2012 Ishigakizima石垣島北部の延々と続くリュウキュウキッカサンゴの群生。 2012 Isigakizima石垣島北部からコバルトブルーの東シナ海が広がる絶景。山々とサンゴ礁の海だ。2012 Ishigakizimaハードコーラルと色鮮やかなソフトコーラルが混在するラジャアンパットのサンゴの海。2012Raja Anpat (ラジャアンパット)ロープ状の刺胞動物であるムチカラマツに棲んでいるのがイボイソバナガニ。白と黒の腕を広げているのがイソバナだ。Lembeh2011(レンベ)棚田のようなサンゴ礁に多種の魚たちが棲む。生物の多様性が見えるコモドの海  2011Komodo(コモド)ブラックマンタとマンタが互いに向き合った瞬間。透き通るブルーの海に、躍動感あふれるマンタたちの姿。2012Raja Anpat(ラジャアンパット) 鮮やかな色彩と造形美のソフトコーラル、スカシテンジクダイの向こうにダイバーがいる。2011Raja Anpat(ラジャアンパット)スカシテンジクダイが舞うサンゴの海。 生態系の豊富さはまさに「奇跡の海だ」2012 Raja Ampat(ラジャアンパット)イソギンチャクに棲むカクレクマノミとバンガイガーデナルフィッシュ 2011Lembeh(レンベ)サンゴの下に群れる紅く映えるベニマツカサ、鮮やかな色のソフトコーラル 2011Komodo(コモド)コブハマサンゴとスカシテンジクダイとハタ達。2010Isigaki(石垣島)サンゴ礁とマングローブ 驚異の海 2011Raja Ampat(ラジャアンパット)サイズ

生命のサンゴ礁  長島敏春

「海と森のギャラリー」は湘南逗子に立地し、その豊かな自然と優れた芸術作品の調和を目指すスペースとして生まれました。披露山の入口に位置し、優れたダイビングスポットとして知られている小坪に隣接します。水中写真家・長島敏春のアトリエをオープンアトリエとしてそのまま開放したこの空間で、日常の中で芸術を展示・鑑賞して楽しみ、活用することを提案します。

DSC_5710 - バージョン 2.jpg

海と森のギャラリー(オープンアトリエ)神奈川県逗子市新宿5-1-16 TEL 08050383590 MAIL toshikei0522@ezweb.ne.jp
刻々と変化する自然光の中で、海からの潮風野中で、そして色々な鳥の声の中で、作品との素晴らしい時間をお過ごし下さい。

海は地球上の70%を占め、全てが繋がっている。地球上の生命は海から誕生した。石垣島、西表島、更にインドネシア、そして湘南逗子。逗子はサンゴの海。カラフルなソフトコーラルとハードコーラルのオレンジ色が鮮やかなイボヤギがある。魚影も濃い素晴らしい海だ。大型パネル(A1)と額装済みオリジナルプリント(A3+)合計20点を展示。10点が逗子のサンゴの海。写真は「フトヤギとネンブツダイ 逗子の海」

DSC_0518 - バージョン 2.jpg

長島敏春写真展「海」2016.10.9〜2016.11.6           開催曜日 木、金、日
海と森のギャラリー(オープンアトリエ)
11:00-17:00(オープン)JR逗子駅東口徒歩15分 披露山公園入口左折

サンゴは海の生命のふるさと 日本最大のサンゴの島、石垣島からサンゴを考える。          サンゴに関するさまざまな疑問に美しい写真で答える写真絵本。

            写真•文 長島敏春

DSC_1757 - バージョン 2 (1 / 1).jpg

「サンゴはどんな生きもの?サンゴに魚があつまるのはなぜ?サンゴにせまる危機とは?」
 40ページ サイズ26㎝×21㎝ 定価(1500円+税)

朝日小学生新聞に2016年8月「石垣島のサンゴ礁」を8回連載。 [ch0]

「自分が小さな存在だと感じることは必要だと思うんです。小学生の皆さんには写真を通じて、自然に接する楽しさを知ってもらいたい。そして身近なところから、自然を感じる機会を持ってほしいなと思います」(本文から抜粋)

P9120001.jpg

①生命の循環②サンゴと褐虫藻③クマノミとイソギンチャク④サンゴの成長⑤生き物の家⑥夜のサンゴ礁⑦ウミシダは動物⑧サンゴの白化

ニコンサロンbisで「サンゴ礁とマングローブ」を開催(2015. 8.25-31) [ch0]

サンゴ礁とマングローブは、ともに熱帯及び亜熱帯でセットになって見られる生態系の環境だ。どちらも生態系を持つ独自の地形をつくる環境である。また、共に開発や地球温暖化による影響を受け消滅の危機にある。

IMG_20150424_0001_NEW.jpg

和真新宿ギャラリーで「西表島 マングローブとサンゴ礁」を開催 (2015.8.1〜9.30)

西表島は大陸の堆積物である八重山層群という砂岩や泥岩のもろい地質から国内最大のマングローブが生まれた。マングローブからの栄養分を含んだ水が海に流れ込み豊かなサンゴ礁を形成している。            

DSC_8843 - バージョン 2.jpg

和真新宿ギャラリー 東京都新宿区新宿3-28-7 Tel-3354-5588(代)新宿駅中央東口徒歩3分

和真新宿ギャラリーで写真展「石垣島 海と山とサンゴ礁」を開催 (2014.8.1〜9.30)

山からの水は滝となり、川を経てマングローブの森に入る。マングローブは山と海を繋いでいる。水を濾過し、浄化されたきれいな水が海に流れ込む。マングローブのきれいな水が海に流れ込む。

  2014年8月1日(土)〜9月30日(月)無休AM10:00〜PM8:00       

DSC_2048 - バージョン 2.jpg

和真新宿ギャラリー 東京都新宿区新宿3-28-7 Tel-3354-5588(代)新宿駅中央東口徒歩3分

和真新宿ギャラリーで写真展「石垣島 サンゴの世界」を開催 (2013.6.1〜9.30)

サンゴは海の生き物を生み出す母だ。魚たちや生き物はサンゴに住み、子どもを育て、共生している。サンゴは壮大な一つのコスモスであるから、私はそのままの姿を写真に表現したい。

  2013年6月1日(土)〜9月30日(月)無休AM10:00〜PM8:00       

スキャン 4.jpg

和真新宿ギャラリー 東京都新宿区新宿3-28-7 Tel-3354-5588(代)新宿駅中央東口徒歩3分

フォトグラファーの視点:光と瞬vol.8(終了しました)

Art photograph group show フォトグラファーの視点:光と瞬vol.8
〜気鋭の写真表現者たち〜 大倉清 長島敏春 蒔苗仁 岡本洋子
2013年1月15日〜1月19日 13:00〜19:00 最終日のみ13:00〜16:30
レクトバーソギャラリー 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13-401 TEL:03-5641-8546

インドネシアの東部にあるRaja Anpatにある、サンゴ礁とマングローブが共生する不思議に満ちた海の写真5点を出展。

DSC_9658 - バージョン 2 (1 / 1).jpg

テレ朝チャンネル「海からのメッセージ」に出演(2012.10.01.)

水中探検家 広部俊明が行く「海からのメッセージ インドネシア ラジャアンパット 長島敏春編(CSテレ朝チャンネル60分)」に出演しました。ラジャアンパットの素晴らしい海とサンゴ写真家長島敏春を紹介していただきました。

DSC_6006 (1 / 1).jpg

長島敏春写真展「石垣島サンゴの海」開催 2012年10月1日〜11月31日 和真新宿ギャラリ(終了しました)

10月、11月の2ヶ月間 和真新宿ギャラリーにて写真展「石垣島サンゴの海」を開催します。2013年3月刊行予定の写真絵本「サンゴの海」(偕成社)に掲載予定の作品を含めた、最新作による写真展です。全17点、石垣島の素晴らしいサンゴ礁を未来に残す願いが込められています。サンゴ礁の世界で繰り広げられる、生き物の共生や多様性をテーマにしています。会場は新宿駅中央東口から徒歩3分。
東京都新宿区新宿3-28-7 ℡03–3354–5588(代)AM10:00〜PM8:00

IMG.jpg

長島敏春写真展「サンゴの海」開催2012年6月1日〜7月31日 和真新宿ギャラリー(終了しました)

6月、7月の2ヶ月間 和真新宿ギャラリーにて写真展「サンゴの海」を開催します。世界最大のサンゴ礁を有するインドネシア。そして、日本最大のサンゴ礁の石垣島。それぞれの素晴らしいサンゴの海を紹介します。展示は全17点。会場は新宿駅中央東口から徒歩3分。
東京都新宿区新宿3-28-7 ℡03–3354–5588(代)AM10:00〜PM8:00

ハガキ①.jpg

環境goo大賞「ユーザー大賞」を受賞しました。

本ホームページ「生命のサンゴ礁」が平成22年度 環境goo大賞「ユーザー大賞」に選ばれました。最も多くのユーザーが見た「ユーザー大賞」の受賞は皆さんのご声援によるものと感謝しております。今後も世界の海とサンゴ礁の環境を報道する写真を発信して行きたいと思います。写真は石垣島の「サンゴ礁の中にサンゴ礁がある」珍しい写真。海を守る祈りを込めて。

DSC_1399 - バージョン 2 (1 / 1).jpg

DSC_1886 - バージョン 2.jpg

ニコンサロンbis新宿で写真展「生命のサンゴ礁」を開催。 (終了しました)

ニコンサロン新宿bis(新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階)で2010年9月14日から9月20日まで長島敏春写真展「生命のサンゴ礁」を開催します。『2007年に起った石垣島のサンゴ礁大規模白化を契機に私はサンゴ礁の生と死を見つめるようになった。2008年、2009年と石垣島ではオニヒトデの大発生が起り、その食害で広域に白化したエリアも多く見られた。様々な原因で世界的にサンゴ礁の消失が進んでいる。2010年蘇った魚湧く石垣島の海。そこには光り輝く生命のサンゴ礁があった。多種多様なサンゴが熱帯雨林に匹敵する生態系を持ち、多くの魚や生き物を育んでいる。そして、私はサンゴの生命の誕生であるサンゴ産卵の神秘に満ちた一瞬を撮影した。』「以上挨拶文より抜粋」

サンゴ礁は海の生命の宝庫、多くの魚や生き物の生命を育む。そのためにサンゴ礁は「海のゆりかご」とも言われています。

白化するサンゴ礁

アサヒカメラ2009年5月号のグラビア5ページ「白化するサンゴ礁」が掲載されました。


2007年、石垣島で起こった地球温暖化によるサンゴ礁の白化。2008年のオニヒトデ大発生による白化、色が戻り魚たちが湧くサンゴ礁をテーマに構成しました。写真はサンゴと同じ仲間のイソギンチャクの白化のなかに異なる種の魚が戯れる異変を伝えるものです。

11 2007 白化したイソギンチャクでハマクマノミとスズメダイのキッス - バージョン 2.jpg
白化したイソギンチャクのなかで戯れるハナクマノミとスズメダイ

DSCF1006.jpg

ニコンサロンbis新宿、ニコンサロンbis大阪で写真展を開催しました。(終了しました)

長島敏春写真展「白化するサンゴ礁」がニコンサロンbis新宿で2008年6月に開催されました。11月にはニコンサロンbis大阪で開催されました。

『挨拶文より』
「石垣島のサンゴ礁は日本のサンゴ礁の55%を占め、世界でも有数の美しいサンゴ礁だ。2007年、石垣島でサンゴ礁の大規模白化が起った。地球温暖化で、30度以上の海水温度が数日続いたため、サンゴに栄養分を提供している褐虫藻が離れ、サンゴは白くなった。元々、サンゴは白い骨格に褐虫藻そのものが共生し、美しい色彩を放っている。2007年の白化の前後に分けて、石垣島でも最も美しい北海岸、サンゴ礁が豊かな北部で構成した。」